2017年04月30日

ソニー・クラーク〜ヘロイン中毒で死んだジャズピアニスト〜


ソニー・クラーク.jpg

◆ソニー・クラーク(Sonny Clark 1931年7月21日生)
 [アメリカ・ジャズピアニスト]


 ペンシルベニア州出身。4歳でピアノを始める。ハイスクール時代には、ピアノの他にヴィブラフォンも演奏していた。1951年には西海岸を拠点に音楽活動を開始する。1954年1月、ビリー・ホリデイのケルン公演に参加。1957年、ニューヨークに移りソニー・ロリンズと共演。同時期にブルーノートと契約し、いわゆる「1500番台」のシリーズから、何枚かのリーダー・アルバムを発表。代表作として挙げられるのは、ジャッキー・マクリーン(サックス)やポール・チェンバース(ベース)等が参加した『クール・ストラッティン』(1958年)。とりわけ日本で人気が高く、ジャズ喫茶で頻繁に流された。しかし、本国アメリカではヒットに結びつかず、ブルーノートの創設者アルフレッド・ライオンは、日本から本作の注文が殺到したことを不思議に思ったという。ソニーはサイドマンとしても重宝され、リー・モーガンの『キャンディ』やデクスター・ゴードンの『ゴー!』等、多数のアルバムに参加した。

 1963年1月13日、ヘロインの過剰摂取により31歳で亡くなる。 没後も日本での人気は高く、1986年の第1回マウント・フジ・ジャズ・フェスティバルでトリビュートバンドが『クール・ストラッティン』再現セッションを行った際、会場は盛り上がった。

 1963年1月13日死去(享年31)


posted by 亀蔵 at 20:17| Comment(0) | 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

世れんか〜結婚退団間近に死んだタカラジェンヌ〜


世れんか.jpg

◆世れんか(せいれんか 本名:原田公子 1951年1月30日生)
 [タカラジェンヌ]


 東京都出身。1968年4月、宝塚音楽学校入学。芸名は先輩・郷ちぐさが『一世一代の恋歌(れんか)』から命名。1970年、56期生として宝塚歌劇団に入団。雪組公演『四季の踊り絵巻/ハロー!タカラヅカ』で初舞台を踏む。当初雪組に配属されていたが1974年に月組に組替。同期で組子同士となった条はるきらと新進男役スターとして注目されるも当時の男役としては小柄であったことや、容貌を生かし男役のみならず娘役としても起用されスターダムにのった。

 このままスター級としてのさらなる活躍が期待された1980年、首にできたしこりの治療などで知り合い、交際を続けていた医師と同年6月結婚することがきまり、その準備のため『アンジェリク』/『仮面舞踏会』東京宝塚劇場公演千秋楽(4月30日付)での退団を発表。しかし退団発表前後から著しい体調不良に悩まされ、1・2月の大劇場公演を無事終えたものの、直後の2月下旬、東京公演の稽古期間中に倒れ、骨髄腫瘍と診断された。

 劇団を通し東京公演全日程休演を発表、療養に専念も4月3日奇しくも『アンジェリク』/『仮面舞踏会』東京公演初日に逝去。現役タカラジェンヌ、しかも結婚退団間近にまだ29歳の若さであった。

 1980年4月3日死去(享年29)


posted by 亀蔵 at 07:36| Comment(0) | 病死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

ジア・キャランジ〜スーパーモデルの先駆者でエイズによる死を公表した有名人の先駆者〜


ジア・キャランジ.jpg

◆ジア・キャランジ(Gia Carangi 本名:ジア・マリー・キャランジ 1960年1月29日生)
 [アメリカ・ファッションモデル]


 ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。1980年前後に活躍したスーパーモデルの先駆者。『ヴォーグ』(パリ版)の1979年4月号、1980年8月号、同じくアメリカ版の1980年8月号、イタリア版の1981年1月号、そして1979年から1982年までの『COSMOPOLITAN』誌の表紙を何度か飾っている。

 若くして麻薬中毒となり、1986年にエイズで死亡している。エイズによる死を公表した有名人の先駆者でもある。1998年にジア・キャランジの人生を描いた 『ジーア/悲劇のスーパーモデル』が製作・TV公開された。主演はアンジェリーナ・ジョリー。

 1986年11月18日死去(享年26)


posted by 亀蔵 at 07:43| Comment(0) | 病死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする