2017年05月21日

平和日佐丸〜妻の後を追い自殺した漫才師〜


平和日佐丸.jpg

◆3代目平和日佐丸(へいわひさまる 本名:溝畑勲 1933年生)
 [漫才師]


 兵庫県生まれ。1954年に宝塚新芸座に入る。1956年秋に秋田Aスケ門下となり秋田Oスケと名のる。その後、横山ノック(秋田Kスケ)と漫才コンビ「秋田Oスケ・Kスケ」を結成。京都新京極・富貴で初舞台。1958年に松竹芸能に移籍。解散後、平和ラッパ(2代目)とコンビを結んで平和日佐丸(3代目)に改名。「ラッパ・日佐丸」の全盛期を築くが、ギャラの配分を巡って紛糾し、コンビを解消。

 のち、美人漫才師であった波多フラット(元園蝶世・花世の花世)とコンビを組み、その後、三田ホップの名で「三田ホップ・ステップ・ジャンプ」のトリオを結成。その後足の病気を患い入院。1968年に妻が不倫の末駆け落ちして失踪しそのまま心中自殺。これにショックを受け、後を追うように自殺した。

 1968年?月?日死去(享年35)


posted by 亀蔵 at 07:55| Comment(0) | 自殺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: