2017年05月28日

マイク・ブルームフィールド〜不眠症に悩みヘロイン中毒死したギタリスト〜


マイク・ブルームフィールド.jpg

◆マイク・ブルームフィールド(Mike Bloomfield 本名:マイケル・ベルナルド・ブルームフィールド 1943年7月28日生)
 [アメリカ・ギタリスト/歌手]


 イリノイ州シカゴのノース・サイドのユダヤ系の家庭に生まれた。少年期をサウス・サイドでシカゴ・ブルース・シーンで過ごす。1960年代初頭、CBSのディレクタージョン・ハモンドのオーディションを受けた後、ポール・バターフィールドの誘いでバターフィールド・ブルース・バンドに加入してリード・ギターを担当し、1965年デビュー作『The Paul Butterfield Blues Band』をエレクトラ・レコードから発表する。そのエレクトリック・スタイルのブルースは、シカゴのブルース・シーン自体にも影響を与え、多くのブルースマンがエレクトリック・ギターを手にするようになった。同年7月25日、ニューポート・フォーク・フェスティヴァルにおいて、ボブ・ディランのバック・バンド、バターフィールド・ブルース・バンドに参加、フォーク・ロックの確立にも大きく貢献した。また、ディランがこの時期に制作していた『追憶のハイウェイ 61(Highway 61 Revisited)』にも、リード・ギタリストとして参加している。

 1966年、バターフィールド・ブルース・バンドは『イースト・ウエスト(East-West)』を発表する。LSDによる覚醒を元にジョン・コルトレーンの様にジャズやインド音楽などの影響を取り入れた新境地を開拓した。1967年、バターフィールド・ブルース・バンドを脱退し、シカゴ時代の盟友、バリー・ゴールドバーグ、ニック・グレイヴナイツ、そしてサンフランシスコで活躍していた若手のバディ・マイルスらとともにエレクトリック・フラッグを結成する。アメリカン・ミュージック・バンドとも称し、幅広い音楽性を志向した。ファースト・アルバム『A Long Time Comin』を録音した後、グループを脱退する。1968年、モビー・グレープのアルバム『Grape Jam』にセッション参加。同年、CBSのディレクターでもあったアル・クーパーからジャムセッション・アルバム制作の話を持ちかけられて、クーパーと共にアルバム『スーパー・セッション(Super Session)』を録音するが、ブルームフィールドは2日目のセッションに参加せず、スティーヴン・スティルスが代役を務めた。また、クーパーらと、1968年9月にサンフランシスコのフィルモア・ウェストで行ったライヴを収録した『フィルモアの奇蹟(The Live Adventure of Mike Bloomfield and Al Kooper)』を発表する。これらのアルバムによってセッション・ブームを巻き起こした。

 1969年にソロ・アルバム『イッツ・ノット・キリング・ミー』を制作、同時期にフィルモア・ウエストで録音をした『Live at Bill Graham's Fillmore West』を同年にリリースする。1970年代以降は目立った活躍が少なくなるが、1973年にジョン・ハモンド・ジュニアやドクター・ジョンとの『三頭政治(Triumvirate)』や、カーマイン・アピスらとのグループKGBでアルバムをリリースした。また、インディペンデントのレーベルに録音を残すなどしている。

 1981年2月15日、サンフランシスコの駐車場の車の中で、ヘロインのオーバードースとみられる症状により亡くなっているのが発見された。ブルームフィールドは長年にわたって不眠症に悩まされ、ヘロイン中毒の問題を抱えていた。

 1981年2月15日死去(享年37)


posted by 亀蔵 at 07:48| Comment(0) | 薬物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: