2017年05月30日

三門順子〜キングレコードの第一号美人歌手の死〜


三門順子.jpg

◆三門順子(みかどじゅんこ 本名:富山静子 1915年9月25日生)
 [歌手]


 栃木県出身。長唄を習い、18歳の時、NHKのオーディションを受け合格。NHK文芸部、久保田万太郎の推薦でキングレコードに入る。1935年7月にキングレコードから「水兵節」でデビューしこの年から専属制度を設けたキングレコードの第一号歌手となる。1937年「さくら道成寺」「祇園絵日傘」、1939年「暁の決死隊」、1941年「筑紫の明月」、1947年「それで良いのよ」などがヒット。1938年に児玉好雄と吹き込んだ「愛馬行」(愛馬進軍歌のB面)が大ヒットする。またこの時期に井口小夜子と共にその美貌から「キングの名花2輪」とも称されていた。戦前・戦中期にかけて活躍する。その後、同キングレコード専属だった樋口静雄と結婚した。

 1954年4月4日、胆石痛で死去。

 1954年4月4日死去(享年38)


posted by 亀蔵 at 07:40| Comment(0) | 病死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: