2017年05月18日

ピアス・カレッジ〜橋の欄干に激突死したレーサー〜


ピアス・カレッジ.jpg

◆ピアス・レイモンド・カレッジ(Piers Raymond Courage 1942年5月27日生)
 [イギリス・レーシングドライバー]


 エセックス州コルチェスター出身。イギリスのビール醸造メーカー、カレッジ・ブルワリーの経営者一族の出身。イートン・カレッジ卒業後、会計事務所で働くが、1963年に退職し、友人のジョナサン・ウィリアムズと本格的にレース活動を始める。1967年1月2日の南アフリカグランプリで、ロータスとBRMのシャシーを使用するプライベートチーム、レッグパーネルからF1デビュー。2年間在籍した後、1969年にはブラバムのシャシーを使用するフランク・ウイリアムズのチームに移籍、二度の2位表彰台を獲得する活躍を見せた。この活躍にフェラーリも誘いをかけるほどであったが、結局翌年も残留することとなった。

 1970年にチームは、デ・トマソのシャシーを使用していたが前年に比べ予選順位も奮わず、決勝レースでも完走を果たせずにいた。こうして迎えたザントフォールト・サーキットでの第5戦オランダグランプリにおいて彼の乗った車はイースト・トンネル手前の右コーナーでスピンし、外側ガードレールに衝突してコースアウト(このサーキットをよく知るジャッキー・イクスは、このコーナーでのカレッジのシフトワークが危険であるとカレッジ自身に注意を促していた)。さらにその先のイースト・トンネルの橋の欄干に激突し、コース横の草地に転落し炎上、カレッジは死亡した(車が炎上した時点で即死していた)。28歳の若さであった。フランク・ウイリアムズや特に親しかったヨッヘン・リントは彼の死により大きなショックを受けることとなった。

 1970年6月21日死去(享年28)


posted by 亀蔵 at 22:18| Comment(0) | 事故死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

永井康友〜婚約者が見守られながら死んだライダー〜


永井康友.jpg

◆永井康友(ながいやすとも 1965年10月29日生)
 [ロードレースライダー]


 1989年、全日本ロードレース国際A級デビュー。以後、ヤマハのワークスライダーとして活躍。

 1995年、スーパーバイク世界選手権に日本人として初めてのフル参戦開始。第10戦オランダ(アッセン)第2ヒートで、エンジンブローを起こしたファブリツィオ・ピロバーノのドゥカティ916のオイルが撒き散らされていた。ピロバーノは自らのオイルに乗って転倒。立ち上がると即座にコースマーシャルに対して、オイルフラッグを出せとアピールしたという。

 しかし、永井はそのオイルに乗ってしまい転倒。投げ出され滑走する永井の前を滑走するマシンが宙に舞い上がり、その間に、滑走し続ける永井の体がマシンに追いつき、そこへマシンが降り落ちてきた。マシンに押しつぶされた永井は、意識不明のままアッセン市内の病院へ運ばれた。

 事故の報を受けて日本から駆けつけた家族と婚約者が見守る中、9月12日(日本時間9月13日)息を引き取った。

 1995年9月12日死去(享年29)


posted by 亀蔵 at 07:40| Comment(0) | 事故死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

東門明〜送球を頭部に受けて死んだ野球選手〜


東門明.jpg

◆東門明(とうもんあきら 1952年生)
 [アマチュア野球選手]


 茅ヶ崎市立松浪中学校から武相高等学校に進み、投手として甲子園を目指すも、1970年夏の甲子園神奈川県予選準々決勝で、甲子園出場の東海大相模高等学校に敗れる(東海大相模は同夏の甲子園大会で全国制覇を果たす)。1971年、一般入試で早稲田大学教育学部に進学、早稲田大学野球部に所属する。高校の卒業文集には「我が青春に悔いはなし。」と書き記した。打力を生かすために内野手に転向し、2年春に三塁のレギュラーを確保、背番号9を得、リーグ戦での活躍(35打数14安打1本塁打、打率.400)により、第1回日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。

 1972年7月9日、明治神宮野球場で行なわれた同大会第2戦で、7回に代打で登場、三遊間へのヒットで出塁する。1死後、藤波行雄(中央大学、後に中日ドラゴンズ入り)の二塁ゴロの際、米国代表の遊撃手アラン・バニスターの併殺狙いの一塁への送球を頭部に受けて昏倒した。一度は自力で立ち上がるも、「何も見えない、頭が熱い」と言って意識不明に陥り、直ちに慶應義塾大学病院に搬送された。

 右側頭骨骨折による頭蓋内出血および脳挫傷と診断され、開頭手術を受けたが意識は戻らず、5日後の7月14日11時35分、19歳の若さで息を引き取った。葬儀は早稲田大学の大隈小講堂において日米代表両チーム全員が参加して執り行なわれた。バニスター選手は遺族の前で深々と頭を下げその場を離れようとしなかった。

 代表メンバーとして着用していた背番号13は、日米大学野球選手権日本代表の永久欠番とされ、早稲田大学野球部でも、東門の背番号9を永久欠番とした。

 1972年7月14日死去(享年19)


posted by 亀蔵 at 07:55| Comment(0) | 事故死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする