2017年05月09日

新山志保〜白血病で死んだ人気声優〜


新山志保.jpg

◆新山志保(にいやましほ 1970年3月21日生)
 [声優]


 フジテレビ『プロ野球ニュース』のナレーター、『美少女戦士セーラームーン』の星野光役、『ご近所物語』の神埼リサ役、『CLAMP学園探偵団』鷹村蘇芳役など、アニメ・外国映画・ナレーションの多方面で活躍したほか、文化放送のラジオ番組『走れ!歌謡曲』を担当していた。特に星野光役は男女2つの性別を持つ役と言う、難しい役柄ではあったが、男性時と女性時の声を演じ分けていた。

 1998年夏頃に急性白血病に倒れ闘病生活を送っていたが、2000年2月7日午前6時23分、内臓出血による血圧低下と肺炎との合併症のため死去。29歳の若さだった。その間、病気のアナウンスがされなかったために、ファンには様々な説や憶測が流れていた。

 闘病時、見舞いに訪れた岩田光央に、自身のレギュラーキャラの代役が決まっていくのを見て「私の代わりはいるんですね…」と語ったとの事。岩田は現在でもその新山の悲痛な一言が忘れられないと回想している。

 2000年2月7日死去(享年29)


posted by 亀蔵 at 20:56| Comment(0) | 病死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

永井康友〜婚約者が見守られながら死んだライダー〜


永井康友.jpg

◆永井康友(ながいやすとも 1965年10月29日生)
 [ロードレースライダー]


 1989年、全日本ロードレース国際A級デビュー。以後、ヤマハのワークスライダーとして活躍。

 1995年、スーパーバイク世界選手権に日本人として初めてのフル参戦開始。第10戦オランダ(アッセン)第2ヒートで、エンジンブローを起こしたファブリツィオ・ピロバーノのドゥカティ916のオイルが撒き散らされていた。ピロバーノは自らのオイルに乗って転倒。立ち上がると即座にコースマーシャルに対して、オイルフラッグを出せとアピールしたという。

 しかし、永井はそのオイルに乗ってしまい転倒。投げ出され滑走する永井の前を滑走するマシンが宙に舞い上がり、その間に、滑走し続ける永井の体がマシンに追いつき、そこへマシンが降り落ちてきた。マシンに押しつぶされた永井は、意識不明のままアッセン市内の病院へ運ばれた。

 事故の報を受けて日本から駆けつけた家族と婚約者が見守る中、9月12日(日本時間9月13日)息を引き取った。

 1995年9月12日死去(享年29)


posted by 亀蔵 at 07:40| Comment(0) | 事故死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

東門明〜送球を頭部に受けて死んだ野球選手〜


東門明.jpg

◆東門明(とうもんあきら 1952年生)
 [アマチュア野球選手]


 茅ヶ崎市立松浪中学校から武相高等学校に進み、投手として甲子園を目指すも、1970年夏の甲子園神奈川県予選準々決勝で、甲子園出場の東海大相模高等学校に敗れる(東海大相模は同夏の甲子園大会で全国制覇を果たす)。1971年、一般入試で早稲田大学教育学部に進学、早稲田大学野球部に所属する。高校の卒業文集には「我が青春に悔いはなし。」と書き記した。打力を生かすために内野手に転向し、2年春に三塁のレギュラーを確保、背番号9を得、リーグ戦での活躍(35打数14安打1本塁打、打率.400)により、第1回日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。

 1972年7月9日、明治神宮野球場で行なわれた同大会第2戦で、7回に代打で登場、三遊間へのヒットで出塁する。1死後、藤波行雄(中央大学、後に中日ドラゴンズ入り)の二塁ゴロの際、米国代表の遊撃手アラン・バニスターの併殺狙いの一塁への送球を頭部に受けて昏倒した。一度は自力で立ち上がるも、「何も見えない、頭が熱い」と言って意識不明に陥り、直ちに慶應義塾大学病院に搬送された。

 右側頭骨骨折による頭蓋内出血および脳挫傷と診断され、開頭手術を受けたが意識は戻らず、5日後の7月14日11時35分、19歳の若さで息を引き取った。葬儀は早稲田大学の大隈小講堂において日米代表両チーム全員が参加して執り行なわれた。バニスター選手は遺族の前で深々と頭を下げその場を離れようとしなかった。

 代表メンバーとして着用していた背番号13は、日米大学野球選手権日本代表の永久欠番とされ、早稲田大学野球部でも、東門の背番号9を永久欠番とした。

 1972年7月14日死去(享年19)


posted by 亀蔵 at 07:55| Comment(0) | 事故死 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする